So-net無料ブログ作成
検索選択

夢探偵“パプリカ”のハチャメチャな世界にどっぷりと。 [DVDジャケ]

夢に入り込み、夢を犯すテロリスト に立ち向かう
夢探偵“パプリカ” の活躍を描くファンタジー・アニメ

夢探偵“パプリカ”

娘の中間試験期間中に阻まれつつも、やっと観ることが出来た待望のアニメ。
筒井康隆の創造性に富んだ文学世界を「千年女優」の今敏監督とマッドハウス製作のコンビで映像化されました。私にとってはこのコンビというだけでも見る価値ありなんです。
同時期、筒井康隆作品の「時をかける少女」もDVD化されているんですが、先にパプリカの世界観を味わいたかったのです。不思議世界ヲタとしては。

ストーリーは
精神医療研究所で開発された画期的テクノロジー"DCミニ"、相手の夢に侵入したりコントロールできたりするようになるという機器が物語の核なんですね。
そのDCミニが何者かに盗まれ、その日から研究所の関係者たちが奇怪な夢を見るようになり、精神を侵されてゆくのであった。
謎の解明に向かうは"DCミニ"研究員のひとり、千葉敦子。
彼女にはこのDCミニを使って極秘のセラピーを行う時のもうひとつの顔。それが『夢探偵パプリカ』なのです。
パプリカとしてクライアントの眠りの中に姿を現す時、キュートで開放的な少女となって、迷える心を導いていたのである。

盗まれた"DCミニ"による狂ったイメージが氾濫する夢の中へと飛び込み、謎の『夢のテロリスト』のたくらみにパプリカはどう立ち向ってゆくのか!
しかし、彼女を待っていたのは、……。さてさて、いかなる結末になるのやら。観てのお楽しみでございます。


英題:PAPRIKA
日本劇場公開:2006年11月25日
上映時間:90分
監督:今 敏
アニメ制作:マッドハウス
プロデューサー:丸田順悟、滝山雅夫
脚本:水上清資、今敏
音楽:平沢進
制作プロデューサー:豊田智紀


声の出演:林原めぐみ、古谷徹、江守徹、堀勝之祐、大塚明夫、山寺宏一、田中秀幸、こおろぎさとみ、そして、筒井康隆
配給:ソニー・ピクチャーズ


犯人が引き起こす悪夢が物語の柱になっています。おもちゃ・家電製品から鳥居や仏像、自由の女神などあらゆる物が練り歩く狂乱のパレード。不可思議アニメにはこれがなくっちゃね。
躍動感あふれる奇想天外な映像がめちゃくちゃ楽しい。
夢が侵食され暴走し現実との境が曖昧となる発想の面白さ、不思議さを今監督はお得意のトリッキーな描写で見事に映像化してくれました。

しかし、「マッドハウス」は、ビジュアル・クオリティが高いよ。
めくるめく圧倒的な映像体験、これだけでこの作品を観る価値はあると思うんです。
ただ、悪夢に出てくる行列は少々気持ち悪いし、ぐにょぐにょしてるし、デカ人形はこれから夢に見そうだし。小さい子には「トラウマ」かな?でも成長には「肥やし」かと。
子供の頃に、誰もが実際にこういう夢を見た経験があるんじゃないかな。
私も夢の中ではねんがら年中おめでたいんですけどね〜。

最近の洋画吹き替えやアニメ映画では、ドラマで売れてる俳優さん達を声優として起用することが多いですよね。
キャラクターに合った人選で、セリフ廻しのうまい俳優さんであればいいんですが、「こりゃ全然あわんよ」と思うことが多くありません?
この「パプリカ」では、キャスティングに「新世紀エヴァンゲリオン」の林原めぐみや「機動戦士ガンダム」の古谷徹といったアニメのベテラン声優をメーンに起用し、なんの違和感もなく、まさにその役声としてストーリーを楽しむことができました。

林原めぐみさんは声優界の大御所たる存在(自己選どす)で、クールビューティーな千葉敦子と、セクシーで奔放なパプリカとの一人二役を、全然違うキャラクターとして完璧に演じ分けてました。流石です。
それと、俳優の江守徹は例外かな?人柄は好きじゃないけど声がいいし、このひと声優としても巧いです。
 
『パプリカ』は、アニメーションだからこそできる自由表現の集大成ということで、まとめを今監督から。

理解しようと思うお客さんにはかなり不親切な作り。

理解してほしいのではなく、体験してほしい。

だって、夢ってそういう感じでしょう?


い〜こと言うやないの監督ゥ〜。
その通り、原作と比べたり、難しく考えなくてもいいんだ。アニメなんだもん。

Corpseride B

"PAPRIKA"
▲クリックで自作DVDジャケット開きます



現実に夢のセラピー装置があって、奔放で小悪魔的なパプリカに会えるなら喜んでこの夢の中に引き込まれたい。と切に想う私がここにいる。
そう、年甲斐も無くね♥・・・・・・・・。


nice!(7)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 15

masugi

わ~、すごく観たくなりました♪
全然関係ないですが、大昔に「天使のたまご」と
いうアニメーションがあって、すごく好きだったのを
思い出しました。あれも不思議系といえば言えるかも☆
by masugi (2007-06-05 02:34) 

窓際ラヂヲ

♥masugiさん♡

やっほ〜い。おはようございます。
nice&コメントありがとうございます。
「すっごく売れました」という映画ではないので反応が心配でしたが、
興味を持って下さってうれしい限りでございます。
『天使のたまご』は結構前のアニメですね。観たいと思っているうちにビデオレンタルがDVDレンタルに取って代わられ、お店からアニメ系の多くが消えてしまい、機を逃したものです。
こういう系のアニメ映画はお子様向きというより、ちょい大人系用としても堪能できるので好みなんですが、職業病もあってか色使いや絵の作風に惹かれます。
でも、結局はちゃめちゃ楽しければ満足なんですけどね。
『おめでたくなりたい時』はこういうのを観て「パー」と気分転換するのが健康的ってもんですよ。(…ごり押しご免!)( ̄∇ ̄*)ゞ

お早いコメに感謝。って2時だ〜。あまりムリなさらないでね。
by 窓際ラヂヲ (2007-06-05 09:14) 

佐喜春

面白そう~♪ 筒井康隆の原作なの?昔彼の作品にハマッて没頭して読んだものですが…そんなのがあったんですね~知らんかった! 林原めぐみさんが一人二役?それも興味ありますね~ 
ちょっと!ちょっと!筒井康隆本人も声で出演してるの?
彼は元は役者希望ではあったとは思うけど…いろいろやりすぎじゃない?
夢セラピーねぇ…なるほど…面白い♪
夢ってなんでもありだから、だからこそ理解ではなく体験!納得です
by 佐喜春 (2007-06-05 16:34) 

窓際ラヂヲ

♥佐喜春さん♡

こんばんわ〜。毎度ありがとうございます。
実は原作は読んでいないのでございます〜。原作と比べると映画批判になりそうなので、というか小学校の感想文の宿題がトラウマになって読書嫌いなのです。でもエッセイは好き。
『二十歳の原点』は私の推薦図書ですよ〜。
秋吉久美子主演で映画化されたのも原作と全く違ってよかった。
すいません、余計でした。

筒井康隆の文学は映像表現不可能と言われ続けて来たらしいです。
でも、現在の映像技術により表現の幅が広がって可能になったということなんですね。
林原めぐみさんをご存知とは!御歳が…私の口からは言えませ〜ん。

筒井康隆が誰を担当してたかは全くわかりませ〜ん。でも出たがり屋らしいです。映画化されるのはうれしいようで、「時をかける少女」も自ら最高の評価をしていました。
現実離れした世界観の映画は何でも見ちゃいます。ドラマでも「こんなのありえない〜」が楽しくてはまります。私と波長が合えば単純に楽しめると思いますよ。よく変わり者と言われますけどね。
by 窓際ラヂヲ (2007-06-05 19:38) 

ジョルノ飛曹長

これ、今日の朝、電車の中でモバイル機で観ている人がいました。
元々気になっていた作品なんですが、最近DVD関係はまったく観れない状態です。(ToT)
仕事がめちゃくちゃです。まいりましたー。
でも読んでたらやっぱり観たいですねーパプリカ!!
by ジョルノ飛曹長 (2007-06-05 23:13) 

佐喜春

全然関係ないけど 「大譜歌」という歌
ゆかなっていう声優さんが「テイルズ オブ ジ アビス 」というゲームの中で歌っている曲らしいけど(私はゲームは知らない)とってもいいよ
by 佐喜春 (2007-06-06 02:18) 

窓際ラヂヲ

♣ジョルノ飛曹長さん♧

今や電車や車の中で観ちゃえるんだもんなぁ。アトムの時代ですね〜。
ジョルノさんアップしてないなぁ、きっと仕事がケツカッチンなんだろうと思っていました。こちらとしてはうらやましい状況ですよ。
来年もウチの会社は存続できるんだろうか心配です。( ̄へ ̄|||)

期待してなかったパプリカも、TSUTAYAの宣材を早くから見かけて、気にはなってたんです。しかし、わけ分からん映画と評されるとコケるオチが待ってますのでね。でも私にとっては良い後引き映画でした。
以前、期待大だったパトレイバーの押井守『立喰師列伝』は大あくびしちゃいましたから。
余裕ができたら気晴らしになると思いますよ。(私のゴリ押しになったらごめんよ〜。~(≧ω≦。))
nice&コメありがとうございます。


♥佐喜春さん♡

おはようございます。
"ゆかな"う〜ん知らんぞ〜。
知らないと知りたくなる私としてはTSUTAYAへ探索に行って参りますのだ。TSUTAYAが会社から近いのが唯一誇れるところ。自慢にゃならんですね。情報ありがとう。ラジャ〜\( ̄◇ ̄)
by 窓際ラヂヲ (2007-06-06 10:01) 

響(きょう)

すごく面白そうです。観てみたいです。

今日は、四人の精霊から、企画をつくりました。
http://blog.so-net.ne.jp/Kyou/2007-06-06-2

参加してみてはいかがでしょう?
by 響(きょう) (2007-06-06 21:13) 

窓際ラヂヲ

♠響さん♤
おはようございます。基本的に大友克洋アニメ好きな人にはご満足いただけるんではないかと思いますよ。
「四人の精霊から」ページ拝見してみましたが、私には敷居がたかそうですなぁ。かなり以前から理解しないといけないような企画ですね。
様子見させてください。
by 窓際ラヂヲ (2007-06-07 08:30) 

響(きょう)

いつでもお気軽にどうぞ。(^^)
by 響(きょう) (2007-06-07 16:46) 

shikayu

最初「紅の豚」のような印象でした(*^-^*)
パプリカ・・・キュートですね、ラジヲ:さんのジャケのお顔はセクシーだわ
( *^∇^)(^・^* )
4歳の子も見られますか?(笑)見たいな~~ヽ(*^○^*)ノ
江守徹さんの声は、確かに声優にあってらっさhる気がします(*^-^*)
by shikayu (2007-06-08 19:19) 

窓際ラヂヲ

♥shikayuさん♡
こんばんわ〜。TSUTAYAにいくと『アニメは文化だ』コーナーに置いてあって、そこは明らかに中高生以上コーナーなんですよ。
それまでなんの情報も得ずに、6歳の男の子のママさんに『面白そうだよ』と言ってしまった後で、自分も観たんですね。いやいや、これは正に夢に見られちゃいそうだな〜って思いました。男の子だから大丈夫と思いますけど。┐(´〜`;)┌
shikayuさんのお子さんは、ぬいぐるみや人形好きですよね。だったらもうちょっと大きくなってからの方がいいかもです。
怖い感もあるんですよ。グロとかはないけど、女の子には刺激がありそうです。お母さんが先に見て判断されるのが一番でしょう。
でも小さい子供の頃って大人が思う程、物事を覚えていないんですけどね〜。
オススメしてる割に消極的で申し訳ない返事になってしまった〜。
by 窓際ラヂヲ (2007-06-08 22:24) 

こけもも:

リリース後、半年も経ってから観ました。気にはしていたんですが、なかなかレンタルも面倒でして・・・。原作を読んだのはもう何年前か思い出せませんが、面白かったです。なによりパプリカがキュートだわ~。
by こけもも: (2007-12-25 10:19) 

窓際ラヂヲ

♠こけももサン♠
まぁ、ここでしたか、カキコ探しちゃいました、ありがとうございます。
今でもこちらのTSUTAYAではこのパプリカレンタル出てますよ〜。
私のパプリカblogも覗いてくれてるヒトまだいらっしゃるようで閲覧数が伸びてます。なかなか面白かったので、もう2回ぐらい見直すつもりですじゃ。
by 窓際ラヂヲ (2007-12-25 18:30) 

過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック!

ちょっとしたことに気づくだけで、あなたの月収は最大2倍になります。公開期間を限定しておりますので、今すぐチェックしてください
by 過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック! (2010-05-04 14:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。