So-net無料ブログ作成
検索選択

クローバーフィールド [DVDジャケ]

めっちゃ涼しくなりましたねぇ、夜なんて風邪ひきそうなくらい寒かったり、そういや台風の影も見えてるし、あの寝苦しい8月が遠い過去のようですね。

そう言えば、寝苦しい朝方はよく何かに襲われてパニクる夢を見たもんです。
私の定番は『ゴジラ』が裏山から現れ、逃げるさなかには『大魔神』に変化、
あの無骨な手に追いかけられると云う(観た人のみぞ知る!)毎度同じ夢なんですが、
逃げ回るリアルさはTDLのアトラクションを越えてたね、汗びっしょり、寝ション…。

そんなリアル体験を彷彿させる映画、まんま具現化してくれたという意味では、満足万蔵。・・・なんのこっちゃ。


9月5日、セル&リリース、

謎の『HAKAISHA』その正体をついに目撃!?

あちゃ〜もう17日じゃん!載せるのおそいねェ〜、だって忙しいんだも〜ん。

『CLOVERFIELD』クローバーフィールドHAKAISHA

クローバーフィールドHAKAISHA



▲クリックで自作DVDレーベル拡大版開きます、どぞっ!


ニューヨークのとある高級アパート。東京への転属が決まったロブのためにサプライズ・パーティが開かれている。その模様をハンディーカメラに収めていた。 パーティの最中、突然とてつもない爆音が響き渡る。何が起きたのか分からぬまま屋上へと上がった先で、市街での大爆発を目の当たりにする。 道路に出た一行の目前に何かが飛んでくる…近くのビルに激突し、地面に落下したのは自由の女神の頭だった…。

クローバーフィールドHAKAISHA



▲クリックで自作DVDジャケット拡大版開きます、どぞっ!



p01.jpg


コードネーム“Cloverfield”と呼ばれるビデオ映像。
かつてセントラル・パークと呼ばれた場所で見つかったものである。


p02.jpg


回る〜まわる〜よ時代は回る(…巡るやった…汗’)
飛んでとんで飛んで、回ってマッワってまわる〜ぅぅぅ
ひえぇ〜〜。目が回った〜〜

ご存知の方も多いと思いますがこの作品は全編「一般人のハンディカメラ撮影」(ハンディと云う割にはデカイ!)という設定のため容赦なく画面が揺れるのじゃ。
のっけからヒドすぎるカメラワークには閉口しちゃうのでした。(これをヒトはアトラクションムービーと云うとか言わないとか!?)
最初は乗り物酔いをしやすい人にはキツいのぉ。前置きが必要以上に長かったので、その分は減点です。
でもすぐに気にならなくなる人間の順応能力ってエライよね〜。

好き嫌いの別れるジャンルなんだろうけど、モンスターもの、パニックもの好きの私にとっては楽しかったですばい。
「HAKAISHA」出現後の長回しのシーンには臨場感が凄くあって、あたかも戦場のドキュメント風で楽しめたっちゃ。

p03.jpg


この手ぶれまくり映像にVFXを巧みに組み合わせて、ごく自然に合成する技術革新、というか、すごいことをさりげなくやってるところが今までに見られなかった臨場感を作り出しているんじゃないかなーと。
実際に今ニューヨークでこのようなことが起こっているのではないかと勘違いするくらいの真に迫った映像には驚きます。

で、この破壊者たる、異常にでかいモンスターがいかにも深海に住んましたって程の不気味さ! 昆虫なのか、爬虫類なのか、まさか魚類!?ってこたぁないやな。
わらわら降ってくるあれは、寄生虫?
”足が伸びちゃったカマドウマ”みたいなぁ〜、すばやいその元気ッブリは、子供の頃見た楳図かずおの『漂流教室』に出てきた”あいつ”っぽくて、まさに夢に出てきた記憶がよみがえってくるのです。


「HAKAISHA」とは何なのか,何故ニューヨークへ出現したのかなどという、謎解きはありません。
終わり方も、次に謎解きはあるのさぁ〜的に流されちゃってるし、…この後どうなるのか気にはなっちゃったけどね。

そう言っちゃうと、上半身を鉄筋に貫かれて死にかけていた女性が助け出された後、「全然痛くねぇッス」とばかりに復活して、バリバリ全力疾走しちゃっってたり、携帯のバッテリー切れは気にするけど、ビデオカメラのテープとバッテリーがやけに長持ちパナソニック、というスタッフだって承知しているだろういい加減なところなど、つっこみたくなる部分もあるんだけど、そもそも映画ですからね(カミさん談)。
訳のわからなさ、突っ込みは、こういう映画には無粋なんじゃよ。

p04.jpg

で、ラストは結局何もはっきりしないまま終わってしまうのですが、これはあくまでこの惨事に巻き込まれた一般のカップルの恋愛の物語だったと云うこっちゃね。


久々で載せ方を忘れてしまった予告編投入です



今週末は台風やね〜、週末長〜い夏休みに帰省してた娘が静岡へ戻るんですが、カミさんも一緒についていって遊んで来るんですと。
電車止まる事が多いこのごろの集中豪雨に巻き込まれん事を祈るですじゃ。って本当にオイラは置いてきぼりッスか!?
この金にならん忙しさに立ち向かってる貧乏なオイラにも、ちょっとだけでもご褒美を〜
・・・・・・言うよねェ〜フフッ(…実はマイペースで仕事づまりなだけやし〜)

そうそう、悪夢とカミさんで思い出しちゃったけど、
私らは仲良く並んで布団に寝てるのね、(一緒ではありません!)
でも、カミさんの方を向いては寝れないのです。
悪夢を見ると敵に向かって『パンチ』を喰らわすそうで、いつぞやは寝てるカミさんの顔に『グーパンチ!』
ハッとしてゾォ〜とする倍返しの現実が、そこには待っているのだよ〜、
くわばらクワバラ・・・ぱんちんグゥ〜〜。


nice!(13)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 13

佐喜春

自作レーベルが迫力あって、かっこいい〜♪
ハンディカメラ撮影なんだぁ!
確かに予告編見たら、目まぐるしかったけど
何?何?何?って感じで興味をそそられます。
映画と言えば、この前久しぶりに観たのが「ハンコック」
余韻はあんまり残らなかったけれど、楽しめました。
何しろ、うんと久しぶりだったから〜^^

最後の悪夢とカミさんには笑ってしまいました。
by 佐喜春 (2008-09-17 21:11) 

窓際ラヂヲ

♥佐喜春さん♥
レーベルの別ウインドウを1MBぎりぎりサイズで出してみました。
表示がちょいおかしいかもしれませんが、これならプリントもマシだろうと思いまして。
親戚の子供の運動会ビデオは三脚固定撮影で、逆に迫力がなかったりして飽きちゃうんだけど、これは慣れるとハマります。目眩より臨場感が勝るってとこかな。

『ハンコック』はCDTV上半期ベストの上位でしたし、私もぜひ観たいと思ってたんだけどねぇ。このごろ映画館に行けてないのだ。ちょー寂しい!

カミさんパンチ!これはね〜朝、突然怒られるワケですよ。身に覚えが無いような、あるような、まぁ今のところは「猫パンチ」程度らしいんだが、本人にしてみれば『悪夢を移すな!』と、非常に頭にくるそうですよ。
そりゃそうだろな、寝るのが唯一の楽しみらしいし〜。
by 窓際ラヂヲ (2008-09-18 08:50) 

yuosin

追いかけられる系の夢って大抵
足がうまく動かなかったり、いくら走っても
ちっとも進まなかったりと、ホント怖いッスね。

DVDの方ですが、「HAKAISHA」が最初
なんだかわかりませんでした。(w)
でローマ字か?ひょっとして「墓石屋」か
寺内貫太郎一家か?みたいなことになってました。
これは日本向けのサブタイトルなんですかね?
で、面白そうなんで借りてみます。
いつもながらカコイイレーベル、うれしい人たくさん
いると思いますよ。・・・

夢の中で思い切りパンチとかありますよね。
それがどれくらいの力があるかわかりませんが
朝起きたら、青タンに鼻血じゃ気の毒ですよね〜。
自分は娘に顔面パンチもらったことあります。 σ(^_^;)
by yuosin (2008-09-18 19:12) 

窓際ラヂヲ

♠yuosinさん♠
私は夢の中ではジャンパーなんですよ、ワープしまくり( ̄∇+ ̄)v。
「落ちる」ことはよくあるんだケドね、ピクンとなるヤツ。
子供の頃は、横で寝ていたイトコにもおもいッきりパンチしちゃったことがあって、自分の手が痛くて、んでも笑いながら寝ていたそうです。
娘さんにもらった「顔面パンチ」なら、いい想い出じゃないですかい?

「HAKAISHA」の題字は監督の意向で元から付いてるらしいですよ。
「ゴジラ」へのオマージュらしい。日本語が外国で外来語として受け入れられているブームにのっかってるんだね、きっと。
レーベルを大きくして載せるようになって、blog中断してたんだけど、その間に中断前の倍近い累積数になっていたので驚きなのですよ。
前記事の1ッ本載せた後から、また1万アクセス増えてますヽ(@o@)ノ。
これって、マジ正確なの?かムムムムム・・・・・

実は昨日『ミスト』観ちゃいました!
こっちは期待薄だったのにかなり面白かったですよ。2本観ましょう!




by 窓際ラヂヲ (2008-09-19 08:49) 

さくママ

悪夢といえば・・・最近どうも寝苦しい!
私の体の上になにか乗ってる感じが・・・コレって金縛り?!?
いやいや・・・下のお嬢が私の腹の上に足を乗っけて寝てるんです(T_T)
でも、パンチはしませんよ(笑)
by さくママ (2008-09-21 00:10) 

窓際ラヂヲ

♥さくママさん♥
おはようございま〜す。
りっぱな金縛り!じゃございやせんか〜!?ヽ(*´∀`)ノ 
こどもにはいつも縛られっ放しでしょう、それはそれでホットな縛られ方で。?
子供が寝ている時にピクンとなりますよね。大人になっても引き続きあるんですね。腕力が倍増してる分、危険度もアップでござる。
もうちょっと大人になってパンチするようになると、怖い病気が始まってるというから注意が必要なんですと。( ̄へ ̄|||) ウーム
by 窓際ラヂヲ (2008-09-22 09:02) 

エボ

「おーまいがー!おーまいがー!」
この予告編、何回見てもワクワクします。
私も追いかけられる夢で、一番登場するのがゴジラです。
蔵王のお釜でゴジラが生まれて、
里に下りてきて、
自分は、学校のグランドや田んぼで逃げ回るのがパターンです。
戦争を自ら経験した人達が作り、戦後間もない国民に指示された、あの恐怖感のアリルさ・・・
子どもの自分にもビシビシ伝わってきてたんでしょうね。
by エボ (2008-09-22 11:49) 

CARRERA

窓際ラヂヲさんも忙しく大変そうですな~

CANONが大量に新しいカメラを出してきたので目移りしてます。。
5D MarkⅡが欲しいかもです。

今回この歳になって大型2輪免許も取得したので、更に欲しい物だらけです。
by CARRERA (2008-09-22 12:58) 

窓際ラヂヲ

♥エボさん♥
やっぱり「ゴジラ」ですよね〜、出てきて欲しい憧れも子供時代にはあったから。そんで、良くも悪くも思い入れのある場所が舞台になる、同じなんだね〜。
私は昔住んでた実家に必ず逃げてくんですよぉ。んでもってゴジラだけは白黒なんだなぁ。

アメリカ人の「おーまいがー!щ(゚д゚щ)」には、いつ聞いても笑ってしまうのです、バラエティ番組の見すぎかな〜?



♠CARRERAさん♠
忙しい、何をやってるのかワケ解らんくらいに時が立つのが早いです。
寿命が近いんじゃないかと思うのだ〜。
そうなんです、CANON 5D M2には物欲がズンズンガンガンドンドン。
すでにレンズを揃えていたら間違いなくヨドバシに駆け込んでるかも!
・・・・そんな余裕あるわけないんですがεd( ̄  ̄;)。
大型2輪は私も行動範囲を拡げるのに、この歳でも取りたい思ってます。あるいは、3輪買っちゃおうか、なんてね。もちろん宝くじ頼みだけどォ・・・

by 窓際ラヂヲ (2008-09-24 08:50) 

ジョルノ飛曹長

ハンディカメラの撮影ってその場にいるような臨場感があって好きです。
プライベートライアンなんかの戦争モノも最近では古いカメラを手持ちで撮るなんてことをやっていますよね。
報道カメラのようなリアルさが出ますね。^^
by ジョルノ飛曹長 (2008-09-24 12:48) 

窓際ラヂヲ

♠ジョルノ飛曹長さん♠
おはようございま〜す。
北京オリンピックでは宙に浮いてるような「ステディカム」が使われていましたね。「防振激減装置」と呼ばれる最新技術なんだそうですが、NHKの「プラネットアース」などでおなじみかと思います。これはこれで滑らかな映像に驚かされましたが、何とも言えぬ不思議体験でした。
しかし、多少ぶれがあった方が臨場感も増し、その場に居る感覚を味わえますね。ジェットコースターが滑らかだと逆に変な酔い方をしそうだし、写真でもブレた部分が一部あると目を奪われますからね。
「9.11事件」での報道ニュースのブレた緊張感は、まさにその場に居るようでした。このあたりから映画でもタブー崩しのように使われているように思います。
この映画も追われる側の緊迫する状況を現すには効果的だったと思います。
でも、あまり多用されると惹いちゃいますけどね〜。
by 窓際ラヂヲ (2008-09-25 08:56) 

流星☆彡

これは劇場公開で観ましたよん♪ 気持ち悪くなるらしい…ということで、
ここ近年 30代でジェットコースターにも乗れた自分が 観覧車でも腰を抜かす
よ~になり(←更年期のせい…と確信。。。(A-_-;) )、さぞヤバいことに
なるんでは!?と 半ば“怖いもの見たさ(?)”で 大スクリーンに臨んだものの、
全然 大丈夫だったぁ。ε-(´∀`*)ホッ
結局 何が言いたかったんだ…(・・? 的な虚しさは 残りましたが。^^;
技術的にスゴイ映像だったんですよねっ!とにかく その事には(←素人で
よく分からないなりに…)感心してる次第です。(^^ゞ
冒頭のPARTYの主役クン…日本に来るはずだったんですよね。1日 渡航が
早ければ…と 悔やまれてなりませぬ。(ノω;) ゞ( ̄∇ ̄)ヲイヲイ
by 流星☆彡 (2008-10-07 16:07) 

窓際ラヂヲ

♥流星☆彡さん♥
結構観てるんですね〜。私も怖いもの見たさで(絶対酔い派)映画館へ行きたかったんだなぁ。
(更年期はサイフの紐さえガッチガッチにする!?f( ̄~ ̄;)ウーン)
DVDの始まりには違和感を感じたんで、大スクリーンではどうなっちゃうんだと思ってました。でも、大きい方が安定したかもですね。
それにあのブレの中での合成技術がすごくて、大スクリーンでしっかり味わいたかったですよ。
話の内容は無いですよね、『9.11』のドキュメント映像風な作品が続いて、さらにエンドスクリーンでは続編を臭わしてたし、続編でなんとかつじつまを合わせようとするのか、期待せずに待ってみちゃったりして( ̄ω ̄)b。

監督は『ゴジラ』に感銘されてるらしく、日本びいきなんだろね。
メガネのカメラ小僧が出て来なくてよかった。三流作品だったらどう見ても中国人でしょ!ってのが闊歩してんだよね〜\_(≧ω≦`)。
by 窓際ラヂヲ (2008-10-08 09:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。